今年はトキ5羽が無事育つ 多摩動物公園

今年はトキ5羽が無事育つ 多摩動物公園

トキの保護増殖事業に取り組む多摩動物公園(東京都日野市)は1日、現在飼育中のトキが産卵して5羽が無事に育っていると発表した。

2007年からトキ飼育に取り組んでいる野生生物保全センターでは、毎年繁殖に成功。同園内の個体数は13羽となった。環境省が進める保護増殖事業では、単独の施設で飼育すると感染症が発生したときに全滅してしまう恐れがあるため、複数の施設に分散させており、同園は佐渡トキ保護センターから預かったトキを非公開で飼育している。

トキはペリカン目トキ科。環境省レッドリストで野生絶滅(EW)。国の特別記念物で国際保護鳥。野生は乱獲と生息環境の悪化で中国を除き一時絶滅した。その後、保護活動や野生復帰の取り組みにより、現在は中国と日本の新潟県佐渡付近に生息している。

参考記事
トキが多摩動物公園より佐渡へ移動(2016/10/22)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧