KH Coder 機能追加「文綿シリーズ」を販売 文章の計量分析を容易に

文章の計量分析を容易に KH Coder「文綿シリーズ」販売

SCREENアドバンストシステムソリューションズは、立命館大学産業社会学部の樋口耕一准教授監修のもと、文章の計量的分析用ソフトウェア「KH Coder」の機能追加プラグインである「文綿もんきんシリーズ」を開発。その第一弾として、「文綿クレンジング for KH Coder」を12月28日に販売した。

KH Coderとは、テキスト型(文章型)データを統計的に分析するためのフリーソフトウェア。アンケートの自由記述・インタビュー記録・新聞記事など、さまざまな社会調査データが分析でき、「計量テキスト分析」または「テキストマイニング」と呼ばれる方法に対応する。

計量テキスト分析とは、文章を統計的に分析することで様々なデータを抽出する手法で、多量なテキスト対応と分析の信頼性や客観性向上のためコンピューター利用が望ましいとされる。今回開発販売した「文綿クレンジング for KH Coder」ではテキスト分析の効率化が期待できる。

画像提供:SCREENアドバンストシステムソリューションズ

関連記事一覧