SNSに動画を「毎日、投稿する」人が半年で2倍増も、SNS離れで二極化進む

SNS動画投稿「毎日」が2倍に SNS離れで二極化進む

ジャストシステムは7日、全国の15歳から69歳の男女1100名を対象とした「動画&動画広告月次定点調査」の2017年総集編を発表した。それによると、SNSに動画投稿を毎日する人の割合は半年間で2倍以上に増加。一方で「投稿することもあるが、1カ月に1日未満」と回答した人も増加傾向にあり、SNSへの動画投稿の二極化が進んでいることが分かった。

同調査は2017年6月から毎月1回実施しており、6月から12月までのデータを分析し直したもの。

SNSに動画投稿を毎日する人の割合は、2017年6月度調査時は6.4%だったが、12月には14.8%となり、半年間で2倍以上に増加した。一方で「投稿することもあるが、1カ月に1日未満」と回答した人は、6月が30.9%だったが、12月は39.5%と増加。SNSへの動画コンテンツ投稿は二極化が進んでいることが分かった。

また、週に1日以上、動画コンテンツを視聴すると答えた人に、視聴に使う電子機器を聞いたところ、2017年6月度調査では「パソコン」が63.5%、「スマートフォン」が68.0%だった。しかし、12月には「パソコン」が56.9%、「スマートフォン」が69.3%となり、スマホシフトへの加速が見られた。

(写真はイメージ)

関連記事一覧