• HOME
  • 社会・経済
  • ピザハット、待ち時間削減へ AIスタートアップと共同開発開始
ピザハット、待ち時間削減へ AIスタートアップと共同開発開始

ピザハット、待ち時間削減へ AIスタートアップと共同開発開始

人工知能(AI)スタートアップ企業のGAUSS(ガウス)(東京都渋谷区)は13日、宅配ピザ大手の日本ピザハットと、顧客の待ち時間削減を目指したマーケティングデータ解析の共同開発を3月から開始すると発表した。

同社はAI(時系列、データ分類、ベイズ推定、強化学習など)を用いたデータ解析による予測で実績を持つ、AIスタートアップ企業。

ピザハットの売り上げは以前より需要拡大しているものの、一部の店舗では、顧客の宅配待ち時間増加に伴い店舗側が利益を逃す、いわゆる「機会損失」の発生が問題になっていた。同社はピザハットが蓄積している直営とフランチャイズを合わせた全国約370店舗の販売・稼働状況のデータを活用。需要予測を用いてリソース配分を最適化することにより、さらなる売り上げ拡大と顧客の待ち時間削減を目指すとしている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧