• HOME
  • 科学・技術
  • Xプライズ財団、スポンサーを募集しつつ月面無人探査レース継続へ
Xプライズ財団、スポンサーを募集し月面無人探査レース継続へ

Xプライズ財団、スポンサーを募集しつつ月面無人探査レース継続へ

米国のXプライズ財団は5日、3月末に勝者なしで終了した民間による月面無人探査レース「ルナ・エックスプライズ(Lunar XPRIZE)」を、現時点では賞金なしのレースとして継続する計画を発表した。過去10年間、グーグルがタイトルスポンサーを務めていたが、これを引き継ぐ新たなスポンサーを募集する。また今後数カ月かけて、新しいレースの詳細を決めていくという。

グーグルがスポンサーを務めたグーグル・ルナ・エックスプライズ(GLXP)では、賞金として3000万ドルを提示。2007年から10年にわたりグーグルが資金を提供してきた。同レースには日本からも月面探査チーム「ハクト」が参加したが、期限内に月面探査を達成できるチームがなく、今年の3月末に勝者なしで終了。しかし、打ち上げ契約を持つ少なくとも5つのチームが、今後2年以内に月面着陸を目指しているという。これに対し、Xプライズ財団の創設者であるピーター・H・ディアマンディス氏は、「この驚異的な進歩と、極めて近い将来の可能性のために、当財団は今、これらのチームの機体と月面に自社のロゴを貼りたいと考える、次なるビジョンを持ったタイトルスポンサーを探している」と述べた。

Xプライズ財団は、これまでにGLXPに挑戦したチームの多くから、賞金の有無にかかわらずレースを続けてほしいという支援の声を受け取っているという。

画像提供:Xプライズ財団

関連記事一覧