• HOME
  • 国際
  • イランで女性のサッカー観戦が37年ぶりに実現 パブリックビューイングで
イランで女性のサッカー観戦が37年ぶりに実現 パブリックビューイングで

イランで女性のサッカー観戦が37年ぶりに実現 パブリックビューイングで

イスラム教シーア派の教義を理由に、スタジアムでの女性のサッカー観戦を禁じていたイランで20日、37年ぶりにこれが緩和され、女性客が男性客に混じってW杯のイラン戦をパブリックビューイング観戦した。ドイツのシュピーゲル・オンライン版が報じた。

イランでは、イスラム革命によって1981年を最後に、男性チームによるサッカー試合のスタジアム観戦を女性に対して禁じていた。しかし今回、ロシアで開催されているサッカーW杯で20日にイランがスペインと対戦、テヘラン市内のアザディ・スタジアムでパブリックビューイングが行われた際、ここでの女性客のサッカー観戦が可能になった。

同パブリックビューイングでは、2万枚のチケットが完売。しかしキックオフの3時間前に到着したファンは、スタジアムの門が警察官によって閉ざされており、「当局は、インフラを理由にパブリックビューイングを急きょ中止した」との発表を聞かされた。ファンたちはこれに対し、座り込みによる抗議行動を開始、警察官に交渉し、試合開始15分前にスタジアムの門が開かれるという事態があったという。

この歴史的な日の様子は、人権保護団体のイラン・ヒューマンライツや、イラン代表チーム公式アカウントのチーム・メリ・イランなどがツイッター投稿し、サッカー観戦に熱狂する女性たちの姿が伝えられた。

ただし今後、実際のサッカー試合での女性の観戦が完全に解禁となるかどうかは、まだ不明だという。

(冒頭の写真はイラン代表チームツイッター公式アカウントより)

関連記事一覧