トヨタ、「つながるクルマ」を国内で本格展開

トヨタ、「つながるクルマ」を国内で本格展開

トヨタ自動車は26日、車両の制御ネットワークに接続する車載通信機を標準搭載したコネクテッドカー(つながるクルマ)の新型「クラウン」、新型車「カローラ スポーツ」の発売を発表。これらの車両には同社が構築した情報インフラからさまざまなオンラインサービスが提供される。

同社のコネクテッドカーのオンラインサービスとしては、人工知能(AI)がナビの目的地設定や機器の取り扱い説明をするAI音声エージェント、LINEアプリで車の情報を管理するLINEマイカーアカウントなどがある。また車両データを用いて、トラブルの際の走行アドバイスや車の状態をセンターから常時診断することもできる。

さらに車両に蓄積された走行ビッグデータを用いることで走行データ連動型保険の適用が可能となる。保険料は走行ビッグデータから算出した安全運転スコアと走行距離により、毎月決定されスマートフォンに通知される。

同社は今後、国内で販売されるほぼすべての乗用車に通信機を搭載し、収集した車両データを活用したサービスを提供していくとしている。

トヨタ、「つながるクルマ」を国内で本格展開
画像提供:トヨタ自動車

関連記事一覧