• Local
  • 地域を活性化させ豊かな日本に
  • HOME
  • Local
  • 焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)
焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)

焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)

どこの国に行っても、屋台で食べる地元のストリートフードというのは不思議に心が躍るもの。安くて手軽でおいしい、その地で長年愛されてきた庶民の味には、ちょっとしたヒストリーがある。今回は戦後の焼け跡の中で生まれた、ベルリン名物のカレーソーセージを紹介したい。
ドイツを代表する食品として知られるソーセージだが、実は地域色がとても豊かで、街角の屋台で食べられるものも場所ごとに少しずつ違う。ベルリンに行くと、街角でよく見かける簡易屋台のメニューの一番上に書いてあるものが、大概カレーソーセージ(Currywurst)だ。ベルリンでカレーソーセージを頼むと、食べやすい大きさに刻んだ焼きソーセージの上に、トマトケチャップソースとカレー粉をかけたものが出てくる。ポイントは各店独自のレシピによるソース。これにフレンチフライを添えて食べるのが一般的だ。

焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)
ブラートファンネのカレーソーセージ、フレンチフライ添え(4ユーロ=約502円)

カレーソーセージ誕生の経緯には諸説あるが、一番有力な説が「ベルリン発祥説」。第二次大戦後の食糧不足の時代、ヘルタ・ホイヴァーさんという女性が英国軍の配給物資のトマトピュレやパプリカ粉、そして数種類の香辛料を組み合わせて作ったソースを、焼きソーセージにかけて屋台で売り始めたのが最初と言われている。これが大人気となり、ヘルタさんは独自のレシピを特許庁に登録。しかし1999年に亡くなるまで、その秘密のレシピの詳細をだれにも明かさなかったという。

その「元祖カレーソーセージ」が生まれたのと同じ年、1949年から営業している屋台「ツア・ブラートファンネ(Zur Bratpfanne)」がベルリンのシュテグリッツ地区にある。こちらは当時、米軍士官の家に家政婦として勤めていたアンネマリー・モスグラーバーさんが、米国人の食卓にあったものからインスパイアされてカレーソーセージを作った。「食糧難の時代に連合軍がもたらした物資によって生まれた名物」という点で一致する。

焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)
ブラートファンネの屋台には、カレーソーセージの経緯が紹介されている

ツア・ブラートファンネのカレーソーセージは、塩気の強いソーセージに、濃厚なトマトケチャップソースという組み合わせで、健康志向な現代人の舌にはかなりトラディショナルな味。一方で、現代的に洗練されたカレーソーセージを求める方には、ヴィッテンベルク広場にある「フリッツ&Co(Fritz&Co.)」をおすすめしたい。こちらは、ソーセージからポテトまで、すべてオーガニック素材を使っているこだわり派。トマトケチャップソースの味も洗練された上品な味わいだ。ただし、一般的な屋台のカレーソーセージに比べてお値段もかなり洗練されていて、カレーソーセージとフレンチフライ、飲み物のセットで8ユーロ(約1005円)。

焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)
ヴィッテンベルク広場にあるグルメなカレーソーセージの屋台「フリッツ&Co」

焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)
パンクな感じのお姉さんが手際よく作ってくれる

カレーソーセージはハンブルクやルール工業地帯発祥説もあるのだが、ベルリン発祥説の信ぴょう性を高めているものの一つが「皮なしソーセージ」の存在。物資不足の中で、ソーセージの肉を詰める豚の腸が足りず、ビニールで巻いたことから生まれた皮なしソーセージが今でも「ベルリン名物」として存在、ベルリンでカレーソーセージを頼む時には「皮なしですか?皮つきですか?(Ohne Darm, oder mit Darm?)」という不思議な質問をされるので心の準備を。
(in association with the GNTB/協賛:ドイツ観光局)

焼け跡のベルリンで生まれたカレーソーセージ ~ドイツ街めぐり・食めぐり(5)
オーガニック素材のカレーソーセージ。名物の皮なしソーセージは、練り物のようなふにゃっとした食感

*1ユーロ=125.63円で計算(8月12日時点)
【店舗情報】
Zur Bratpfanne
Schlossstr./Ecke Kieler Str.
12163 Berlin
ホームページ
営業時間:10:00-1:00(深夜)*木~土 10:00-2:00(深夜)、日曜祝日 12:00-1:00(深夜)

Fritz & Co
Wittenbergplatz
10789 Berlin
Facebook
営業時間:12:00-1:00(深夜)

(冒頭の写真は、1949年創業のカレーソーセージの老舗屋台「ブラートファンネ」)

関連記事一覧