アップル、EV開発に本腰 2019年に完成

米ウォール・ストリート・ジャーナル誌によると、米アップルは開発を進めている電気自動車(EV)開発を本格化し、2019年の完成を目指す。同社はカリフォルニア州の政府関係者と法律や規制などの会合を踏まえ、1年以上にわたりアップルブランド車の調査を進めてきたが、いよいよ本格的な開発に移行する。

関係者によると、コードネーム「タイタン」と呼ばれるEV開発プロジェクトは現在600人規模であり、今回の本格開発によりプロジェクトリーダーには3倍の1800人まで人員を増強できる権限が与えられているという。また、自動運転自動車の専門家を雇っているものの、初期開発する電気自動車を完全な自動運転自動車にする予定はないという。

同社は、iPhoneを開発してきた技術を自動車業界に活用できるかどうかを見極めようとしている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧