• HOME
  • 科学・技術
  • 完全自動運転EVによるモビリティサービス、愛知県で試験運用開始
完全自動運転EVによるモビリティサービス、愛知県で試験運用開始

完全自動運転EVによるモビリティサービス、愛知県で試験運用開始

名古屋大学発のベンチャー企業ティアフォーは19日、最寄り駅などと最終目的地を結ぶモビリティサービス「ワン・マイル・モビリティ(One Mile Mobility:OMM)」の試験運用を今年春から愛知県を対象に開始することを発表した。同社の開発した4人乗りの完全自動運転電気自動車(EV)「Milee(マイリー)」などを用いて、アイサンテクノロジーおよび岡谷鋼機と共同で実施する。

Mileeには電動ゴルフカートをベースとした車体に3次元レーザースキャナ(LiDAR)と単眼カメラをセンサーとして搭載し、操作をオープンソースの完全自動運転ソフトウェア「Autoware」で行う。モバイル通信で同社開発のウェブプラットフォーム「Web.Auto(ウェブ・ドット・オート)」に接続し、配車管理、遠隔操縦、3次元地図配信などを行う。

完全自動運転EVによるモビリティサービス、愛知県で試験運用開始

サービス開始に先立ち、2月下旬から3月にかけて「モリコロパーク」(愛知県長久手市「愛・地球博記念公園」)にて公園管理道路内を活用した試験運用を行う予定。試験運用後半には来園者の試乗も計画している。専用アプリを使って走行ルート内でMileeを呼び出したり、実験用に設置された模擬のバス停に移動したりすることができるという。

完全自動運転EVによるモビリティサービス、愛知県で試験運用開始

今回のサービスについて同社は、消費者や民間企業が費用を負担する従来のビジネスモデルではなく、自治体と一体となった新たなビジネスモデルの創出を目指すとしている。

画像提供:ティアフォー(冒頭の写真はイメージ)
 

参考記事
一般公道で5G活用の遠隔監視型自動運転を実証実験 KDDIほか(2019/02/08)
自動運転車で郵便物の輸送実験 日本郵便(2018/03/12)

関連記事一覧