2020年卒の大学生・院生の約4割が内々定獲得 4月末時点

2020年卒の大学生・院生の約4割が内々定獲得 4月末時点

マイナビは10日、2020年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象とした「2020年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表した。4月末時点の内々定率は、前年同月比6.1pt増の39.3%となり、約4割が内々定を獲得していることがわかった。

今回のWEBアンケートの調査期間は4月24日~30日、調査対象は2020年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生7342名(文系男子1439名、文系女子3701名、理系男子1098名、理系女子1104名)。

2020年卒学生の4月末時点の内々定率は39.3%となり、前年2019年卒4月の33.2%に比べて6.1pt増加した。文理男女別の比較では、文系学生(男子35.5%、女子32.5%)よりも理系学生(男子50.9%、女子42.8%)が大きく上回っていた。

また理系学生のうち学部生と大学院生で比較すると、学部生44.3%に対して、院生は51.8%と半数を超えており、進捗が早いことがわかった。

全体の平均内々定保有社数は1.6社で、これは前年同月比0.1pt増と増加していた。しかし、未内々定者を含めた活動を継続する学生の割合は、未内定者60.7%と内々定を保有して活動を継続する学生26.9%を合わせて全体の87.6%となり、まだ活動は依然として活発だとわかった。

(写真はイメージ)

関連記事一覧