ローソンの「からあげクン」、プレ宇宙日本食の認証取得

ローソンの「からあげクン」が「プレ宇宙日本食」に

ローソンは29日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの協力のもとで同社が開発に取り組んできた宇宙仕様の「スペースからあげクン」が、「プレ宇宙日本食」としての認証を受けたと発表した。コンビニエンスストアのオリジナル商品が「プレ宇宙日本食」認証を受けるのは今回が初めて。今後、宇宙飛行に搭載する宇宙食として選定されれば、「からあげクン」は晴れて宇宙に飛び立つことになる。

「宇宙日本食」とは、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する日本の宇宙飛行士向けに開発された宇宙食のこと。日本食の味と食感を楽しんでもらうことで、仕事の効率が維持されることなどを目的としている食品メーカーが提案した食品をJAXAが評価し、宇宙食としての基準を満たしている場合に宇宙日本食の認証が与えられる。「プレ宇宙日本食」認証はその審査の前段階に当たり、その後に試験を継続して18カ月間の保存試験が終了した時点で再度二次審査を実施し、宇宙日本食として認証されるという。

ローソンの人気商品からあげクンの宇宙食化プロジェクトは、2017年2月に発足。スペースからあげクンは、からあげクンをフリーズドライ化したもので長期保存が可能となっている。2018年8月に一次審査を通過し、今回、「プレ宇宙日本食」認証を受けた。

宇宙日本食は、日本の家庭で通常食されている範囲を対象としており、日本の伝統的な「和食」には限定されない。これまでに宇宙日本食として認証された食品にはカレーやラーメンのほか、「柿の種」なども含まれている。

画像提供:ローソン

「亀田の柿の種」が宇宙日本食の認証取得

関連記事一覧