• HOME
  • 特集
  • 今年は写真で花見を 散り姿も美しい福島都路の桜

今年は写真で花見を 散り姿も美しい福島都路の桜

4月後半にようやく桜の季節を迎えた福島だが、ここ連日の暖かさから短い見ごろが過ぎ、すでに散り始めているところもある。阿武隈あぶくま山脈のふもとにある福島県田村市都路町みやこじまちの桜の名所である馬酔木沢あせみさわの桜と強梨こわなしの桜並木、2か所の様子を紹介する。新型コロナウイルス感染拡大予防のため、今年は現地には行けないかわりに写真で楽しんでいただきたい。
 

今年は写真で花見を 散り姿も美しい福島都路の桜
馬酔木沢の桜
田村市の指定天然記念物に指定されており、樹齢はおよそ200年とされる。昔から開花が農作業開始の目安となっていたことから、種蒔桜とも呼ばれる。
 

今年は写真で花見を 散り姿も美しい福島都路の桜
強梨の桜並木
こちらは馬酔木沢のすぐそばにある桜並木。距離はそれほど長くないが、田園風景に溶け込み、桃源郷のような風情を演出している。

花が散る桜の姿もまた趣があるだろう。例年、ゴールデンウイークの時期は東北の各所で桜の見ごろを迎えるので、来年以降のお花見を楽しみにしてほしい。

(冒頭の写真は、強梨の桜並木)

関連記事一覧