• HOME
  • 科学・技術
  • イオン、ネットスーパー事業の本格稼働を目指し大型自動倉庫建設に着手
イオン、ネットスーパー事業の本格稼働を目指し大型自動倉庫建設に着手

イオン、ネットスーパー事業の本格稼働を目指し大型自動倉庫建設に着手

イオンは19日、ネットスーパー事業の本格稼働を目指して、千葉県千葉市緑区誉田町ほんだちょうに国内初となる顧客フルフィルメントセンター(CFC)を建設すると発表した。新たに建設するCFCは最先端のAI及びロボテックス技術を活用した第一号の大型自動倉庫として、日本事業のモデルとなる。24時間稼働しセンター内で約5万品目の商品を品揃えする。事業開始は2023年を目指す。

同社は昨年11月に英国のネットスーパー企業Ocadoとの日本国内での独占パートナーシップ契約を締結。Ocadoは店舗を持たないオンライン食品販売会社で、最先端のCFCを動かすために必要なロボット工学やAI、最先端のオンラインショップ・ソフトウェア、配送ルーティング技術などを含む幅広い技術資産を有する。

今回、誉田に建設するCFCの建築面積は2万7500平方メートル。千葉県及び首都圏を対象に生鮮食品を含む暮らしの必需品をオンラインでの注文を受けて宅配する。さらに、今後数年以内に同様の施設の建設を計画している。

画像提供:イオン

関連記事一覧