スーパーコンピュータ「富岳」、MM総研大賞2020を受賞

スーパーコンピュータ「富岳」、MM総研大賞2020を受賞

ICT市場のリサーチ・コンサルティング企業のMM総研は2日、同社が選出する「MM総研大賞2020」の「大賞」を理化学研究所(理研)・富士通共同開発のスーパーコンピュータ「富岳」が受賞したと発表した。「富岳」は「ものづくり優秀賞」も同時受賞した。「MM総研大賞」は、同社がICT分野の市場、産業の発展を促すきっかけづくりを目的として2004年7月に創設したもので、今回が17回目の実施となる。

「富岳」はスーパーコンピュータ「京」の後継機。2021年度の供用開始を目指して開発・整備中だが、試行的に一部の計算資源を新型コロナウイルスの対策研究などに利用している。

「富岳」は、世界のスーパーコンピュータの性能ランキングである第55回「TOP500」で第1位を獲得したほか、「HPCG」、「HPL-AI」、「Graph500」の各性能ランキングにおいても2位以下に大きな差をつけての第1位を獲得し、世界初となる同時4冠を達成した。

「富岳」の利用者視点に立った設計思想のもとに開発され、すでに新型コロナウイルス対策研究に活用されるなど、今後の活躍が期待できる点、性能や電力効率、汎用性を持つCPUなど、日本の高い技術を結集させたスーパーコンピュータが世界に与えたインパクトなどがが評価された。

また今回の「MM総研大賞2020」では、大賞の他に「スマートソリューション部門賞(分野別最優秀賞)」「ものづくり優秀賞」「話題賞」も選出した。

スマートソリューション部門ではZVC JAPANのWeb会議システム「ZOOM」やNTTe-Sportsの「eスポーツへの取り組み」など9製品・サービスが最優秀賞を受賞した。「ものづくり優秀賞」は、「富岳」とともにサムソン電子ジャパンの「Galaxyスマートフォン」が受賞した。「話題賞」では、日本マクロソフトの「Microsoft 365」、NTTドコモの「ドコモ光10ギガ」、東京都とコード・フォー・ジャパンによる「新型コロナ情報の提供に向けたシビックテックによるサイト開発プロジェクト」、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」の4件が受賞した。

画像提供:富士通

スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプ 省エネ性能世界1位に

関連記事一覧