• HOME
  • 科学・技術
  • デンヨーとトヨタ、水素発電のFC電源車を共同開発 災害時に大量の電力供給可能
デンヨーとトヨタ、水素発電のFC電源車を共同開発 災害時に大量の電力供給可能

デンヨーとトヨタ、水素発電のFC電源車を共同開発 災害時に大量の電力供給可能

デンヨーとトヨタ自動車は17日、水素を使って発電する燃料電池電源車(以下、FC電源車)を共同開発したと発表した。今後、実証運転を通じて実用化に向けた取り組みを進めていく。

現在使用されている電源車の多くはディーゼルエンジンを用い、化石燃料を使用するため、走行時や発電時に温室効果ガスのCO2や窒素酸化物(NOx)などの環境負荷物質が排出される。これに対しFC電源車は、動力源を燃料電池にすることで環境負荷物質の排出をなくしているほか、連続約72時間の給電や、発電の際に生成される水のシャワーなどへの活用が可能となる。

両社は温暖化防止に向けたCO2排出量の削減や大気汚染防止のためには、商用車・産業車両の燃料電池化が必要という考えに基づき今回の共同開発に取り組んだ。また、電動車が社会システムの中において提供できる価値の一つとして、災害発生時や屋外イベントなどの様々な場面において、必要な時に必要な場所で大量の電力を供給することができる機能を挙げている。

今回開発されたFC電源車は2020年9月より実証運転を行い、負荷機器への影響やCO2の排出削減量などの効果を検証する。

画像提供:トヨタ自動車

関連記事一覧