ホンダ、自動運転レベル3搭載の「レジェンド」を世界初発売

ホンダ、自動運転レベル3搭載の「レジェンド」を世界初発売

ホンダは4日、レベル3相当の自動運転機能「ホンダ・センシング・エリート」を搭載した高級セダン「レジェンド」を5日に発売すると発表した。自動運転レベル3は一定の条件の下でシステムが運転を担当するもので、商用化されるのは世界初。

自動運転レベル3では、一定の条件の下でシステムが周辺の交通状況を監視するとともに運転操作を代行する。システムが使用可能な条件から外れる場合は警報を発して直ちにドライバーに運転交代をすることが求められる。

「ホンダ・センシング・エリート」の持つ「トラフィック・ジャム・パイロット(渋滞運転機能)」は、高速道路渋滞時などの一定の条件の下でシステムがドライバーに代わって運転を行い、先行車の車速変化に合わせて車間距離を保ちながら同一車線を走行、停車、再発進する。その間にドライバーはハンドルから手を放して休息や他の作業をすることができる。

自動運転レベル3の認証は、日本では2020年4月1日より道路運送車両法を改正して自動運行装置を保安基準に加えていた。ホンダは2020年11月に国土交通省より自動運転レベル3の型式指定を取得していた。ホンダはレベル3の認証にあたって高速道路で約130万㎞を走行する実証実験を行ったという。

なお、新型「レジェンド」の価格は税込みで1100万円。リース専用車両として100台限定で生産・販売する。

画像提供:ホンダ

ホンダとGM、日本での自動運転モビリティサービス事業で協業

ホンダのレジェンド、世界初の「自動運転レベル3」を取得

自動運転用語を統一 一般への認知度向上目指す

関連記事一覧