• HOME
  • 社会・経済
  • トヨタ自動車、人工知能技術の研究開発強化目指し新会社設立

トヨタ自動車、人工知能技術の研究開発強化目指し新会社設立

トヨタ自動車は6日、2016年1月に人工知能技術の研究開発拠点となる新会社をシリコンバレーに設立することを発表した。今後5年間に約10億ドルを投資し、人工知能技術の研究開発を通じて新しい分野での事業機会を探る。

人工知能技術を通じてビッグデータを活用することにより、将来の社会が遭遇するであろう多様な課題を解決し、より豊かな社会の実現を目指す。産業基盤を担い、新たな産業創出に期待が寄せられる人工知能技術を用いて、革新的な商品の企画開発を進めていく。

新会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TOYOTA RESEARCH INSTITUTE,INC.)」の最高経営責任者(CEO)には、ロボット・人工知能研究の権威ギル・プラット氏が就任する。社員数は200人規模を予定しており、優秀な研究者を集めつつ、スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学に設立した研究センターとの連携なども進める。

同日、都内で会見したトヨタ自動車の豊田章男社長は、「自動車以外の産業基盤にも、人工知能、ロボティクス、ビッグデータを要素技術として活用できるのではないか。自動車以外の新産業を興すことも可能になる。プラット氏の志は私たちと同じだと確信した」と語った。

関連記事一覧