米グーグル、検索エンジンがより複雑な質問に対応

米グーグルは16日、検索エンジンが従来より複雑な検索に対応したと発表した。たとえば「テキサス州の一番大きな都市は?」や「1965年時点のシンガポールの人口は?」や「エンゼルスがワールドシリーズで優勝した時の米国の大統領は?」といった質問に答えることができるようになる。現時点では英語のみの対応。

同社は2008年に音声検索による質問と応答、2012年には知識を構造化する「ナレッジグラフ」の構築に挑戦しており、単語検索に対する応答の精度を進化させてきた。今回はより高度な質問に対して応答できる仕組みを作り上げたことになる。

同機能は、スマートフォン端末のiPhoneやAndroidのアプリ「Google App」の最新版をインストールすることで利用可能となる。

(写真はイメージ)

関連記事一覧