ミカンの皮とヨーグルトで、花粉症が和らぐ

 愛媛大の菅原卓也教授(食品機能学)らは、温州ミカンの皮に含まれる成分とヨーグルトに含まれる成分を同時に摂取することで花粉症が和らぐとの研究成果を3月28日、岡山県で開催中の日本農芸化学会で発表した。
 研究チームでは、以前から温州ミカンの皮に含まれるポリフェノールの一種「ノビレチン」に着目し、抗アレルギー効果があることを動物実験で確認していた。また、ノビレチンの抗アレルギー効果が、牛乳の成分であるたんぱく質「βラクトグロブリン(β-LG)」との共同作用で相乗的に高まることを確認していた。
 今回、研究チームはスギ花粉症患者26名の同意を得て、β-LGを含む飲むヨーグルト(150ml)に、すり潰した温州ミカンの皮を混ぜたものを1日1回飲んでもらった。2週間後に花粉症の原因物質を両目に点眼し、30分後の症状を比べたところ、全員がかゆみなどの自覚症状が大きく低下し、客観的にも結膜炎の指標となる眼球表面の温度上昇が約半分に抑えられたという。
 愛媛県でのミカンジュース生産時に、大量に排出されていたミカンの皮を有効活用し、健康増進と地域活性化に繋がる成果と言える。

関連記事一覧