ホンダジェット、夢の実現加速 米国が認証

9日、ホンダの航空機事業子会社のホンダエアクラフトカンパニー(HACI)は、米国連邦航空局(FAA)から安全性、性能、機能、信頼性などに関する厳格な基準を満たすことを証明する「型式証明」をホンダジェットが取得したと発表した。認定取得に伴って年末に予定されている顧客への引き渡しを順次行っていく。

HACIでは9日に記念式典が開催され、社長の藤野氏は「ホンダにとってこれまでにないほどの挑戦だったが、型式証明の取得は大きなマイルストーンを達成した」と述べた。

ホンダジェットはエンジン配置や一体成型複合材胴体などの独自技術でクラス最高水準の速度、高度、燃費、室内サイズ等も実現した。世界的な自動車メーカーが航空機を手掛けるのは珍しく、機体とエンジンを共に自社開発する航空機メーカーも異例だ。

ホンダ創業者の故本田崇一郎氏が航空機市場への参入を宣言して本格的な研究にとりかかって以来、今年4月に国内で初飛行を実施したが、認定取得により航空機事業への本格参入という夢が加速する。

参考記事
夢の力 「ホンダジェット」が日本に初飛来

関連記事一覧