ウィーンでザッハトルテを食べる

オーストリアのウィーンといえば思い浮かぶイメージは、クラシック音楽と上質なお菓子。宮廷文化と切っても切れないこの二つは、ウィーンという街の優雅なイメージをかき立ててくれる。

さて、そんなウィーンの代名詞とも言えるお菓子がザッハトルテ。上質のチョコレートケーキにアンズのジャムを塗り、さらにチョコレート入りのシュガーコーティングで覆った、チョコレート好きには夢のような「チョコレートケーキの王様」だ。

今回は、王室御用達菓子店だった「デメル」でザッハトルテを味わった。王宮の近く、旧市街にある店舗は意外にさりげないたたずまい。しかし店内に一歩足を踏み入れると、ウィーン宮廷の往時の華やかな気配がそこには広がっている。ザッハトルテ以外にも、色とりどりの美しいケーキが並んでいて目移りするけれど、ここはやはりザッハトルテ。そして飲み物はメランジェ(カプチーノ)だ。

ザッハトルテと聞くと、濃厚でずっしりしたチョコレートケーキを想像しがちだが、スポンジ部分は意外に軽やかな味わい。チョコレートとアンズジャムの絶妙なコンビネーションが、ぜいたくかつ洗練された風味を作り出している。

ザッハトルテは1832年、当時、弱冠16歳の調理師見習いだったフランツ・ザッハーによって考案された。ウィーン会議の立役者としても名高い宰相メッテルニヒの命を受けて、口の肥えた貴族のために新しく作られたお菓子がザッハトルテだったのだ。この店デメルの他に、元祖ザッハトルテの店として知られるホテルザッハーのカフェが、ウィーンのザッハトルテの店としては有名。この二つの店舗はかつて、ザッハトルテの商標使用をめぐって7年間裁判を繰り広げたという経緯を持つが、結局双方にザッハトルテの販売が認められた。

口当たりは甘いけれど、ずっしりと重い歴史を持つザッハトルテ。ウィーンの街とともに、旅人を魅了してやまないお菓子だ。

ウィーンでザッハトルテを食べる
ザッハトルテにたっぷりの生クリーム(ザーネ)を添えて

ウィーンでザッハトルテを食べる
昔ながらの優雅なケーキカウンター

ウィーンでザッハトルテを食べる
意外にシンプルなデメルの店舗外観

ウィーンでザッハトルテを食べる
このドアから中に入ると、別世界が広がります

ウィーンでザッハトルテを食べる
色とりどりのチョコレートやお菓子が並んでいます

【店舗情報】
Demel
Kohlmarkt 14
A-1010 Wien
Tel. +43 (1) 535 17 17 – 0
Fax +43 (1) 535 17 17 – 26
http://www.demel.at
営業時間9:00-19:00

関連記事一覧