• HOME
  • 社会・経済
  • 世界のハイギョ全6種類を展示 世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ

世界のハイギョ全6種類を展示 世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ

世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ(岐阜県各務原市)が、企画展「世界のハイギョ」を開催している。世界に生息している全6種類をアフリカ、南米、オーストラリアから集め、展示する。開催期間は4月10日まで。

ハイギョは名前の通り「肺をもつ魚」で、水がない環境でも生きていくことができる。発見した当初は、専門家が魚類なのか両生類なのか迷ったというほど魚らしくない特徴を持つ生物だという。

あごの力が強く、硬い貝でも噛み砕くことができるため、エサを食べる様子も特徴的。この様子を観察できる企画フィーディングウォッチ 『くちゃくちゃでろ~んタイム』を土・日・祝日の午後2時半より開催している。

(写真はイメージ)
 

Facebook Like!

関連記事一覧