フェイスブック、個人の銃販売禁止へ オバマ大統領の方針受け

SNS最大手の米フェイスブックは、自サイトおよび傘下の写真共有SNSインスタグラムにおいて、個人の銃販売を禁止した。ニューヨークタイムズ紙が現地時間1月29日に報じた。

ここ数年でインターネットでの商取引も発展しており、あらゆる商品が容易に取引できるようになっている。フェイスブックは、月間16億人が世界中で利用しており、銃販売のマーケットとしても世界最大だった。すでにマリファナや違法ドラッグは禁止しており、今回、銃も追加した。ただし、禁止対象は個人の銃販売で、銃販売認可業者については対象外としている。

年初にオバマ大統領が訴えた銃規制強化に呼応した形だ。同社は、「暴力に対する規制は、巨大なネットワークサービスの信用の証だ」としている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧