1月首都圏のマンション価格 前年比25%増

不動産経済研究所(東京都新宿区)が16日に発表した1月度マンション市場動向調査によると、首都圏の1戸当たりの平均価格は前年同月比1115万円増(25.0%増)の5570万円、1平米あたりの単価は同14.2万円増(22.2%増)の78.1万円と、ともに8カ月連続で昨年を上回った。一方、販売戸数は同11%減の1494戸となった。

関西では、1戸あたりの平均価格は同643万円(20.4%増)の3798万円、1平米あたりの単価は同1.4万円増(2.5%増)の58.3万円となった。一方で販売戸数は大幅に減少し同31.6%減の899戸となった。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧