デンソー、インフラ点検目的のドローン開発

デンソーはヒロボー(広島県府中市)と協力し、道路の橋などのインフラの点検に使用する産業用UAV(ドローン)を開発したと8日に発表した。

インフラ点検で求められる性能は、強風や雨中でも飛行できる対候性、構造物に接近して定位の姿勢に制御できる安全性、安全制御システムで運用できる安全性の3つ。今回、デンソーのセンサーと制御のエレクトロニクス技術、ヒロボーの無人ヘリコプターなどの機体開発力技術を組み合わせて完成した。今後、実証実験で機体の完成度を高めるとともに、インフラ点検のサービス開発を関連業者と共同で進める。

従来、インフラ点検は設置主の自主点検に任せられていたが、道路や橋の老朽化対策のため2018年から国が主導的に計画的な点検を実施する方針となっており、インフラ点検の効率化に向けたロボットの活用が求められていた。デンソーは、国が計画・推進するロボットを活用したインフラ点検の本格運用に合わせ、運用可能なシステムへの改良を目指すとしている。

デンソー、インフラ点検目的のドローン開発
UAV HDC01(開発コード)

デンソー、インフラ点検目的のドローン開発
橋の床版(しょうばん)への近接飛行
[画像提供:デンソー]

 
(冒頭写真はイメージ)

関連記事一覧