国立天文台と総研大、大学生・院生対象に特別公開講演

国立天文台と総合研究大学院大学物理学研究科天文科学専攻は、天文学に関心を持つ大学生・大学院生向けに公開講座を開催する。関西地区が5月14日にメルパルク京都にて、関東地区が5月21日で国立天文台三鷹キャンパスにて実施する。事前申し込みは不要で、参加費は無料。

講演では、それぞれ4人の講師が最新の情報を盛り込んだ講演をするほか、あわせて天文科学専攻の入学案内も行う予定。また、『国立天文台における天文学研究の最前線』をテーマに、関東地区では4Dシアターの見学、質問コーナーも設ける。

同大学は神奈川県葉山町に本部を置く、博士課程のみの国立大学院大学。各専攻は、専門分野に応じて人間文化研究機構や自然科学研究機構などの大学共同利用機関を基盤としており、天文科学専攻は自然科学研究機構国立天文台が基盤。5年一貫博士課程(学部卒業生対象)と博士課程3年次編入(修士課程修了者対象)の二つのコースがある。

国立天文台と総研大、大学生・院生対象に特別公開講演
[画像提供:国立天文台]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧