理研と京大、研究・人材育成で包括的連携協定

理化学研究所と京都大学は6月29日、共同研究および人材育成・交流などを促進するための包括的連携協定を締結した。両者はこれまで、個々の研究者や研究グループの単位で、iPS細胞、ケミカルバイオロジー、創薬科学、光科学、植物科学などを中心とする研究開発と、連携大学院や研究センターなどで協働してきた。今回の連携によって、組織的な連携・協力の体制を構築していく。

理研が昨年5月に発表した「理研科学力展開プラン」では世界最高水準の成果を目指して、大学と一体となり科学力の充実を図ることや、国内外の研究機関や産学連携のハブとなる方針を打ち出していた。今回の京大との連携では同プランの第1号案件として、大学単独ではできない研究環境やシステムを構築し、世界最先端研究の展開、次世代研究人材の育成を目指す。

理研と京大、研究・人材育成で包括的連携協定
調印式の様子

画像提供:理化学研究所

 
Facebook Like!

関連記事一覧