• HOME
  • 国際
  • 国連の幸福度ランキング、日本は46位 1位は? ブータンは?

国連の幸福度ランキング、日本は46位 1位は? ブータンは?

 国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」は4月23日、今年で3回目となる世界の幸福度に関する報告書を発表。幸福度が高い国はスイスを筆頭に、北欧諸国が軒並み上位を占めている。日本は46位で、一昨年、昨年の43位から3つ順位を落とした。
 今年の幸福度ランキング上位10カ国は以下の通り。

1位 スイス(昨年3位)
2位 アイスランド(同9位)
3位 デンマーク(同1位)
4位 ノルウェー
5位 カナダ
6位 フィンランド
7位 オランダ
8位 スウェーデン
9位 ニュージーランド
10位 オーストラリア

 同調査は2012年に開始され、一人あたり国内総生産(GDP)が高い、平均余命が長い、社会福祉が充実していて寛容度が高い、人生の選択をする自由がある、汚職や腐敗が少ないなどの項目を指標として数値化したもの。
「幸福な国」で有名なブータンは、この指標では79位だった。2014年GDPが世界131位、自給自足の農民を主とする国は国連の幸福度指標ではこの位置となる。ブータンが提唱しているのは、GDPを主とするものでなく国民総幸福量(GNH)という独自のもので、公正で公平な社会経済の発達、文化的、精神的な遺産の保存、促進、環境保護、しっかりとした統治などの指標を数値化している。何を幸福とするかはひとそれぞれだが、自然環境を優先し、無料で教育を受けられ、病院・水道も一部地域を除いて無料という国は、GNHで測ると「幸福な国」となる。
 アジア諸国・地域のランクは24位シンガポール、38位台湾、47位韓国、61位マレーシア、72位香港、74位インドネシア、75位ベトナム、79位ブータン、81位パキスタン、84位中国となった。

参考記事
5月29日は「幸福の日」 幸福度1位は? ブータンは?(前編)(2016/05/29)
5月29日は「幸福の日」 幸福度1位は? ブータンは?(後編)(2016/05/30)

関連記事一覧