クルマに「感情」搭載 ソフトバンクとホンダがAI共同研究

ソフトバンクは21日、ホンダと共同で人工知能を活用しクルマに感情をもたせて運転者と会話する技術の研究を開始すると発表した。

ソフトバンクグループのcocoro SBが持つAI技術「感情エンジン」が運転者との会話音声や各種車載センサーやカメラなどから情報を取り込み、運転者の感情を理解し、コミュニケーションを図れるようにする。クルマを「移動手段」から運転者の「友人や相棒」のような関わりを持てるようにし、運転者がより愛着を持てるようにする。

ソフトバンクの人型感情ロボット「ペッパー(Pepper)」は、家庭でのロボット活用や店舗などの接客など活用先を広げており、この背景にあるAI技術をさらに他分野にも拡張する形だ。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧