• HOME
  • 社会・経済
  • KDDIとゼンリン、プロドローンが提携 ドローン自律飛行の開発促進
KDDIがゼンリン等と業務提携、ドローン自律飛行プラットフォーム開発へ

KDDIとゼンリン、プロドローンが提携 ドローン自律飛行の開発促進

KDDIは19日、地図データを提供するゼンリンとドローン製造ベンチャーのプロドローンと業務提携したと発表した。モバイル通信ネットワークを活用したドローン自律飛行専用プラットフォームの開発を進め、同時にプロドローンへ3億円出資する。2017年度内に商用化を目指し、農業や測量、構造物検査、災害救助、配送などの分野でのドローン活用を目指す。

KDDIは、ドローンがモバイル通信ネットワークに接続して3次元の空間情報を取得できれば、目的地を入力するだけで自律飛行によってたどり着くことができると見込む。モバイル通信ネットワークを持つ同社と、空域情報を3次元化した「空の3次元地図」を研究開発しているゼンリン、高性能ドローンを製造するプロドローンの3社連携により「スマートドローンプラットフォーム」の実現を目指す。

同プラットフォームでは、ドローンが自律的に飛行でき、建物間を通り抜けるだけでなく、飛行禁止区域を把握し、障害物との衝突回避や安全な飛行ルートを自ら選択することができる。今後、飛行データを収集・分析することで、より効率的で安全な飛行ができるようになるという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧