ソフトバンク、自動運転技術開発企業を設立へ

ホンダ、グーグル子会社と自動運転共同研究の検討開始

本田技術研究所(埼玉県和光市)は、自動運転研究開発の米ウェイモ(Waymo、カリフォルニア州)と、共同研究の検討を開始した。ウェイモは、グーグルを傘下に持つ持株会社アルファベットの子会社で、共同研究は米国で実施する方針。

ウェイモが持つ、センサー、ソフトウェア、車載コンピューターなどの自動運転技術をホンダの車両へ搭載。米国で公道実証実験に使用することを想定している。完全自動運転の実用化を目指すウェイモとの共同研究により、2020年頃に高速道路での自動運転実用化を目指すホンダの自動運転技術領域の拡張が期待される。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧