将棋電王戦二番勝負でソフトPONANZAが名人に先勝

PONANZAが名人に勝利 第2期電王戦

コンピュータ将棋のソフトウェアと人間のプロ棋士が対戦する第2期電王戦が1日、日光東照宮(栃木県日光市)で行われた。二番勝負の第1局で、将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」が佐藤天彦名人に先勝した。続く第2局は、5月20日に姫路城(兵庫県姫路市)で開催される。

第2期電王戦は、将棋ソフト同士が対決する「第4回将棋電王トーナメント」で優勝したソフトと、プロ棋士側の代表を選出する「第2期叡王戦」の勝者で対戦する。今回は、山本一成氏と下山晃氏が開発したPONANZAと、佐藤天彦名人(九段)が戦った。PONANZAは将棋電王トーナメントで2連覇し、昨年の第1期電王戦では山崎隆之八段に勝利した。

参考記事
将棋電王戦でAIと戦うプロ棋士が佐藤天彦九段に決定(2016/12/14)

 
Facebook Like!

関連記事一覧