• HOME
  • 特集
  • 丸の内で戦国時代を体感する~真田丸

丸の内で戦国時代を体感する~真田丸

東京駅すぐの丸の内にのぼりが立ち並び、甲冑かっちゅうが飾られ、人だかりができている。丸ビル1階のイベントスペースで、来年放映されるNHK大河ドラマ「真田丸」とコラボしたイベントが開催中だ。

真っ赤なかぶとに鹿角がトレードマークの真田さなだ幸村ゆきむら、菖蒲の一種である馬藺ばりんの葉に見立てた後立をつけた豊臣秀吉、大黒頭巾兜として知られる徳川家康など、戦国武将の甲冑レプリカ(全6体)が並ぶ。また、真田幸村が大坂城の防御のために築いたとされる出城「真田丸」の復元ジオラマも展示されている。

オフィスビルの中に突如として現れた戦国時代、そんなギャップも楽しみの一つ。レプリカとはいえ、間近で鎧や兜を見ることができるイベントだ。

丸の内で戦国時代を体感する~真田丸
真田幸村甲冑

丸の内で戦国時代を体感する~真田丸
ジオラマ

丸の内で戦国時代を体感する~真田丸

丸の内で戦国時代を体感する~真田丸

「大坂の陣400年 丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち」
日時:2015年8月13日(木)~29日(土)午前11時~午後9時
場所:丸ビル1階 マルキューブ
入場無料
http://www.marunouchi.com/feature_jp/natsunojin/

関連記事一覧