• HOME
  • 特集
  • 世界遺産を訪れる 熊野 日本一の名瀑「那智の滝」

世界遺産を訪れる 熊野 日本一の名瀑「那智の滝」

和歌山県那智の山中にその滝はある。「一の滝」、「那智大滝」とも呼ばれ、落差133m、滝の落ち口である銚子口の幅が13m、滝壺の深さは10m。一段の滝としては落差日本一を誇る。銚子口の岩盤に三つの切れ目があり、水が三筋に分かれて流れ落ちることから「三筋の滝」ともよばれる。華厳の滝(栃木県日光市)、袋田の滝(茨城県久慈郡)と共に日本三名瀑めいばくに数えられ、2004年には世界遺産の一部として登録された。毎秒1トンの水が轟音と共に一気に流れ落ちる姿は実に壮大だ。

落差日本一の名瀑~那智の滝
まっすぐに流れ落ちる水が美しい

落差日本一の名瀑~那智の滝
水量と轟音に圧倒される

落差日本一の名瀑~那智の滝
滝の水は「延命長寿の水」と言われ、飲むこともできる

落差日本一の名瀑~那智の滝
山中の道を歩く

関連記事一覧