富士通など11社、「AIビジネス推進コンソーシアム」設立

富士通など11社 AIビジネス推進コンソーシアム設立

富士通、伊藤忠テクノソリューションなど11社は13日、人工知能(AI)分野に関わる企業がノウハウを相互に共有して連携を図る「AIビジネス推進コンソーシアム」を設立した。相互連携によりAIのビジネスでの利用促進をはかる。

同コンソーシアムは、国内でAIを利用したサービスは実証実験や検証の段階のものが多く、ビジネス利用は始まったばかりとしている。今後は技術的な底上げをするため、各社のAIについての知見や事例を共有し、ビジネスや研究活動を活性化、推進する。

参加企業は以下のとおり。(五十音順)

伊藤忠商事
伊藤忠テクノソリューションズ
OSIsoft Japan
グリッド
zero to one
TIS
富士通
丸紅
丸紅情報システムズ
三井情報
三井物産

(写真はイメージ)

関連記事一覧