京都市「宿泊税」新設 観光振興など新たな財源に

京都市「宿泊税」新設 観光振興など新たな財源に

京都市で「宿泊税」が新設されることになった。これにより、今年10月頃から1人あたり1泊200~1000円の税金が宿泊料金に加算されることになる予定。

「宿泊税」は、京都の観光振興を図る目的で設置される。対象となるのはホテル、旅館、簡易宿所、民泊も含まれる。修学旅行や学校行事に参加する者、その引率者は非課税となる。

宿泊税による税収は、初年度で19億円と見込まれている。税収の使途については、文化財保護や歴史的景観の保全、観光地トイレの拡充などが挙げられている。京都市では新たな財源を求める中で宿泊税の導入が議論されてきたことから、観光振興目的以外にも、市の行政サービスの財源としても活用される予定。

1人1泊につき、宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万5万円未満の場合は500円、5万円以上の場合は1000円が課税される。

(写真はイメージ)

関連記事一覧