福島第一原発構内で、日本初の自動運転EVバス実用化

福島第一原発構内で、日本初の自動運転EVバス実用化

東京電力ホールディングスは18日、ソフトバンクグループ傘下のSBドライブ(東京都港区)などの支援により、福島第一原子力発電所構内で自動運転EVバスの運行を開始した。自動運転の実用化は日本初という。

東京電力は昨年11月にテスト走行を行い、今回は本格導入へ踏み切った。導入の目的としては、構内移動の効率化や車両管理の改善などがある。また、環境の大幅な改善はされてはいるものの、2016年度のバス運転手一人当たりの年間被ばく量は1~2mSvとされており、運転手の被ばく量をできる限り減らすという狙いもある。

今回導入された自動運転EVバスは、フランスのナビヤ社のモデル。オペレーター同乗のもと、あらかじめ定めておいたルート上を走るもので、障害物や歩行者に関しては、光センサーやwebカメラで認識し減速・停止をする。

SBドライブは、バスの運行管理システムやオペレーターの育成などを担当。これまで自動運転EVバスの実証実験を何度も重ね、そこから得た知見をもとにサポートをしていく。

画像提供:東京電力
 

参考記事
岡山の格安バス会社 自動運転バス導入に向けた実証実験へ(2018/04/09)

関連記事一覧