• HOME
  • 社会・経済
  • AI活用タクシー配車アプリ「タクベル」 横浜・川崎でサービス開始
AI活用タクシー配車アプリ「タクベル」 横浜・川崎でサービス開始

AI活用タクシー配車アプリ「タクベル」 横浜・川崎でサービス開始

DeNAは、AIを活用するタクシー配車アプリ「タクベル」を神奈川県タクシー協会との共同で、19日より横浜・川崎エリアにおいて正式にサービス開始した。発足段階で、神奈川県タクシー協会加盟の182事業者のうち82事業者がタクベル導入を決定した。対象エリアは順次拡大予定で、2018年秋以降の全国展開を目指す。

タクベルは、対応する乗務員専用端末がセットになる。乗客は配車アプリを用いて、予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことができる。空車走行中のタクシーをリアルタイムで確認したり、事前のクレジットカード登録によるネット決済なども可能。

タクベルには、人工知能(AI)を活用する需要予測システムを導入する予定。これにより、運行中のタクシー車両から収集する、道路交通情報とタクシー需要に関連する各種データ(気象、公共交通機関の情報、イベント情報など)を解析し、乗務員にリアルタイムかつ個別に走行ルートを推薦することができる。

2018年にAI需要予測システムの実用実験を行ない、2019年には新人乗務員でもすぐに平均以上の収益が上げられる状況の達成を目指す。

画像提供:DeNA
 

参考記事
金沢でAIタクシー実証実験開始 効率化で収益アップも(2018/04/05)
ビッグデータでタクシー利便化 トヨタ・KDDIが実証実験(2017/04/28)

関連記事一覧