• HOME
  • 社会・経済
  • セブンイレブン、ひとと環境にやさしい店舗オープン 相模原に
セブンイレブン、ひとと環境にやさしい店舗オープン 相模原に

セブンイレブン、ひとと環境にやさしい店舗オープン 相模原に

セブンイレブン・ジャパンは22日、環境負荷を低減する技術を導入した「ひとと環境にやさしい」最新店舗として、「セブンイレブン相模原橋本台1丁目店」(神奈川県相模原市)をオープンした。

同社は2017年12月、「千代田二番町店」に国内外のさまざまな分野の企業から提案された環境負荷低減などの技術を導入、実証を進めてきた。新店舗には新たに導入するものを含め、全50社による90種の技術を採用した。

今回の取り組みで、太陽光発電設備やリチウムイオン電池による蓄電システムなどを用いたことで、使用電力の約46%を「CO2排出ゼロ」の再生可能エネルギーでまかなうことができるという。また、働きやすさの面では、従業員の商品の補充時間を短縮できる商品棚や、掃除の時間を大幅に削減できるフライヤーなどを設置した。

同社は今後、今回採用した技術を可能なものから全国の店舗へ拡大していく予定。引き続き、環境負荷を低減できる設備の導入や、従業員が働きやすい環境の整備などを推進していくという。

画像提供:セブンイレブン・ジャパン
 

参考記事
コンビニで電子タグを活用した在庫管理 都内で実証実験(2018/02/08)

関連記事一覧