• HOME
  • 特集
  • 忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示

忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示

横浜の赤レンガパークを抜けた港に、日本の海を守る海上保安庁の巡視船が停泊している。その横に見える白い建物が「海上保安資料館 横浜館」だ。建物の表には「工作船資料館」と書かれているが、2001年12月22日に九州南西海域で自爆し沈没した不審船(工作船)を、引き揚げて展示している。

同船は海上保安庁の巡視船や航空機による度重なる停船命令を無視して逃走。自動小銃やロケットランチャーで攻撃してきたため、海上保安官3名が負傷し、巡視船も甚大な被害を被った。

忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示
展示されている工作船。全長約30m、横幅5m弱で、一般的な漁船の約10倍の馬力の、ロシア製ディーゼルエンジンが取り付けられていた。

忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示

忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示
船内から見つかったロケットランチャーや自動小銃など。北朝鮮製と推定される。

忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示
二連装の対空機関銃。ロシア製と推定される。

忍び寄る不審船 海上保安資料館に展示
工作船の後尾は観音扉になっていて、中に小型船や水中スクーターが格納できるようになっている。

日本の漁船に偽装して忍び寄る不審船。実物を肌で感じていただけたらと思う。

場所)  神奈川県横浜市中区新港1の2の1 赤レンガパーク隣
公開時間)午前10時から午後5時まで(閉館30分前に受付終了)
休館日) 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)
見学料) 無料
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/kouhou/jcgm_yokohama/

関連記事一覧