米国の留学生数 中国人が昨年度に続き圧倒的1位 日本は8位

米国の国際教育研究所(IIE)は、米国の留学生数に関するデータ「オープンドアーズ」を11月に発表した。2014年~15年度の留学生数は97万4926人(昨年度比10.0%増)で、出身地1位は昨年度に引き続き中国で30万4040人だった。これは全体の31.2%を占め、2位のインド(13万2888人)の2倍以上となる。日本は1つ順位を落として8位となり、留学生数も同1.4%減少した1万9064人となった。

増加率が特に大きかったのは6位のブラジル(同78.2%増)だった。東南アジアの1位はベトナムだった。トップ10に入った国は昨年度と変わらなかった。

トップ10は以下の通り。

2014/2015年度
順位
2013/2014年度
順位
出身地 留学生数 昨年度比
増加率(%)
1 1 中国 30万4040 10.8
2 2 インド 13万2888 29.4
3 3 韓国 6万3710 -6.4
4 4 サウジアラビア 5万9945 11.2
5 5 カナダ 2万7240 -3.8
6 10 ブラジル 2万3675 78.2
7 6 台湾 2万993 -1.3
8 7 日本 1万9064 -1.4
9 8 ベトナム 1万8722 12.9
10 9 メキシコ 1万7052 15.4

全体の学部生は32万9301人(同9.4%増)、大学院生は36万2228人(同9.8%増)で、日本からは学部生8877人(同3.0%減)、院生3290人(同7.6%減)だった。

分野別で見ると、全体ではビジネス・経営(19万7258人)と工学(19万6750人)が多く、日本からはビジネス・経営(日本全体の19.1%)と英語集中コース(同15.0%)が多かった。

受け入れ先は、1位がニューヨーク大学(1万3178人)、2位が南カリフォルニア大学(1万2334人)だった。

(写真はイメージ)

関連記事一覧