• HOME
  • 社会・経済
  • 視覚障がい者向けにツアー 鉄道博物館でナイトミュージアム
視覚障がい者向けツアー「五感で楽しむ鉄道博物館貸切ナイトミュージアム」を開催

視覚障がい者向けにツアー 鉄道博物館でナイトミュージアム

クラブツーリズム(東京都新宿区)は、視覚に障がいがある人向けの1泊2日のイベント「五感で楽しむ鉄道博物館貸切ナイトミュージアムと武蔵一宮氷川神社初詣 二日間」を2016年1月29日に実施する。旅行会社のサポートにより、視覚障がい者一人でも参加できるイベントで、盲導犬との参加も可能。

同イベントのメーンは鉄道博物館(埼玉県さいたま市)を営業時間外の夜間を貸し切って、触れて聞くことで楽しめる特別プログラム。初代東北・上越新幹線の車両内で開業当時の車内放送や汽笛を聞いたり、新幹線の汽笛を鳴らしたり、館内展示の車両に特別に触れたりできる。また、車両の向きを転換する「転車台」の回転実演プログラムは通常、回転する様子を見るだけだが、実際に乗って回転の様子を体感できるようにするのは鉄道博物館としても初の試み。

参加費は一人1万9800円。

(写真はイメージ)

関連記事一覧