• HOME
  • 科学・技術
  • 産業革新機構が東工大発人工知能ベンチャーへ2億5000万円出資

産業革新機構が東工大発人工知能ベンチャーへ2億5000万円出資

官民ファンドの産業革新機構(INCJ)は1日、人工知能を活用したソリューションを提供する大学発ベンチャーSOINN(ソイン)へ、2億5000万円を上限とする資金を出資することを発表した。

ソインは東京工業大学の長谷川准教授が研究してきた学習型汎用人工知能「SOINN」を用いて、ベテラン職人の技術汎用化や、事業の意思決定をサポートするデータ分析などを行うサービスを提供している。水害予測や需要予測など、さまざまな方面での活躍が期待され、2014年に設立した。人工知能SOINNは、2013年には経済産業省が優秀なコンテンツ技術を表彰する「Innovation Technologies 2013」で特別賞を受賞している。

INCJは、人工知能SOINNの学習ロジック進化の自律性や情報処理の速さ、膨大なデータ処理を必要とするこれからの時代に即した技術を評価し、今回の出資を決めた。同社は「日本発の人工知能技術のプラットフォーム化およびグローバル展開の実現に貢献したい」と述べた。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧