• HOME
  • 国際
  • スタバ、17年イタリアに1号店 33年の夢を実現

スタバ、17年イタリアに1号店 33年の夢を実現

米コーヒーチェーン大手スターバックスは2017年、イタリアのミラノに同国初店舗をオープンすると公表した。同社の最高責任者ハワード・シュルツ氏が、33年前に訪れたミラノで同国の創り出したエスプレッソ文化に感銘を受け、それ以来抱いてきた夢を実現した形だ。

同国とスタバの繋がりは深く、1980年代後半に同社がアメリカでチェーン展開を始めたときには、イタリアのエスプレッソを範として深煎り焙煎ばいせんのエスプレッソなどをメニューに加えてきているという。

30年間、年に一度はイタリアへ足を運び、同国の事物の質と芸術性に感銘を受けてきた同氏は、「第1号店は、イタリア人とコーヒー文化に大いなる敬意と細心の注意をはらう」とコメントしている。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧