ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館

26日から三重県志摩市で開催される主要国首脳会議G7(伊勢志摩サミット)を鳥羽水族館(三重県鳥羽市)が全力で応援している。

昨年12月より「主要国首脳貝議SHELL7」として、サミット参加国の貝を特別に展示。イギリスにちなんだビクトリアジョウオウイモやフランスで食用とされているエスカルゴなど。今月14日からは「SEA(シー)7おさかなサミット」として、サミット参加国にちなんだ生き物を円卓に並べた水槽で展示。日本代表のニホンイシガメやニッポンバラタナゴをはじめ、イタリアのファイアサラマンダー、ドイツのドイツゴイなどが集う。

さらにサミット10日前となる16日から、ラッコのロイズが朝、昼、夕のエサの時間に「歓迎 伊勢志摩サミット」と開幕までの残り日数を書いた旗を立って掲げる。

SEA7おさかなサミット担当者は「名前に国名がついている生き物や、エスカルゴのように国を代表するようなものを選んだが、各国の代表に見合う生き物を探すのは大変だった」と同イベントにかけた労力と工夫を話した。

同水族館はサミット期間中も通常通り営業。英語・フランス語・中国語など6カ国語のパンフレットを用意し、外国人がよく利用するスマホに対応するためにワイファイ(Wi-Fi)も館内全域をほぼ網羅するように設置した。レストランでも「G7カレー」の新メニューを始めている。

ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
サミットを応援する横断幕を掲げる

ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
「SEA7おさかなサミット」の様子

ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
イタリアファイアサラマンダー(上)とエスカルゴ(下)

ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
「主要国首脳貝議SHELL7」の様子

ラッコも伊勢志摩サミットを応援 鳥羽水族館
カウントダウンをするラッコのロイズ
[画像提供:鳥羽水族館]

【施設情報】
鳥羽水族館
三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
TEL:0599-25-2555
http://www.aquarium.co.jp/
開館時間:9:00-17:00(通常) 年中無休

 
Facebook Like!

関連記事一覧