• HOME
  • 科学・技術
  • ドコモと東京無線、人工知能を活用したタクシーのリアルタイム需要予測を開始

ドコモと東京無線、人工知能を活用したタクシーのリアルタイム需要予測を開始

NTTドコモとタクシー大手の東京無線などは、人工知能を活用してタクシーの利用需要をリアルタイムに予測する技術「移動需要予測技術」を開発し、1日から実証実験を開始した。

ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを用いて作成した人口統計データや、東京無線のタクシーの運行データ、気象データや周辺施設の情報などを掛け合わせ、30分後のタクシー乗車数を算出する需要予測モデル。

実証実験では、予測結果を東京無線のタクシードライバーに音声や文字、タブレットの地図上に表示し交通網の効率化に関して計測していく。今回の実証実験は2017年3月31日まで。

 
ドコモと東京無線、人工知能を活用したタクシーのリアルタイム需要予測を開始
[画像提供:NTTドコモ]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧