10日「下水道の日」に啓発イベント 東京都下水道局

東京都下水道局は、10日の「下水道の日」に合わせ、下水道の役割や大切さについて理解を広めるためイベント「下水道のひみつをさがせ!」を開催。水再生センターの施設見学会や人気絵本「ウォーリーをさがせ!」とのコラボ企画などが体験できる。会場は品川シーズンテラスと芝浦水再生センター(東京都港区)。入場無料。

一日水再生センター長にタレントのりゅうちぇるが就任。トークショーとクイズを通して下水道について学ぶ。ゲストとともに普段は見られない施設の見学も行う。また、同局と「ウォーリーをさがせ!」とコラボする企画では、会場内にいるウォーリーを見つけてクイズに参加できるほか、ウォーリーのフォトスポットや、ウォーリーの格好をした人だけ参加できる見学会など。

「下水道の日」は、下水道普及率6%程度だった1961年当時、全国的な普及ため「全国下水道促進デー」として始まった。下水道の役割の一つ「雨水の排除」を念頭に、立春から数えて220日の台風シーズン頃が適当として、9月10日に定められた。

画像提供:東京都下水道局

 
Facebook Like!

関連記事一覧