最強囲碁ソフトを開発へ DeepZenGo(ディープゼンゴ)プロジェクト発足

日中韓のトップ棋士が囲碁AIと対決 3月に世界大会

日本棋院は11月29日、日本、中国、韓国のトップ棋士と囲碁の人工知能(AI)ソフトが参加する「ワールド碁チャンピオンシップ」を来年3月に開催すると発表した。

2017年3月21~23日に総当たりリーグ3回戦を実施し、勝数同数の場合は24日にプレーオフ(優勝決定戦)を実施する。出場棋士は、日本、中国、韓国、囲碁AIとし、各国棋院より代表棋士を推薦する。日本代表は井山裕太六冠の予定で、中国、韓国代表は調整中。賞金総額は5000万円だ。

対戦相手となる囲碁AIソフトは、日本棋院推薦により、ドワンゴが開発している「DeepZenGo」となった。DeepZenGoは先日の「第2回囲碁電王戦」で治勲名誉名人と3番勝負を戦って、1勝している。

同ソフトの開発チーム代表、加藤英樹氏は「人工知能の代表として囲碁の世界大会に参加できることは、大変光栄。棋戦まであまり時間がないが、Zen の改良に全力を注ぎ、恥ずかしくない結果を残したい」とコメントしている。

参考記事
ドワンゴのDeepZenGoがプロ棋士に1勝(2016/11/26)

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧