うどん県・香川県が子育て応援食材「イク麺」を発表

うどん県・香川県が子育て応援食材「イク麺」を発表

香川県は1月19日を「育児の日」とし、子育て支援の一環として、小さな子どもでも食べやすいうどん「イク麺」を開発、約1分間のPR動画を公開した。

「イク麺」は、子どもが食べやすいように麺が3cmの長さに短くカットされている。うどんが名物である香川県では、子どものために麺を短く切って食べさせることが多く、そのことをヒントに開発された。県のホームページでは「イク麺」を用いたミートソースやお好み焼きなどさまざまなレシピが紹介されている。また、その見本を抽選で50人にプレゼントする。希望者はメールかはがきで申し込みを。

香川県は2015年度より「イクケン香川」をキャッチフレーズとして、安心して子育てできるように、結婚から妊娠、出産、子育てまで支援を行っている。

「イク麺」紹介ホームページ「イク麺、できました。」篇
http://ikuken-kagawa.com/ikumen.html
Facebook Like!

関連記事一覧